高宮画伯の傍聴日記(第1回弁論)

 コンビニのセブンイレブンが2兆2千億のお金で、アメリカの大手コンビニを買収したというニュース。ものすごい財力なんだけど、そのお金は全国コンビニ店オーナーの、24時間、年中無休、家族総ばたらきの過酷な労働から生み出されたもの。

 東大阪にあるセブンイレブンオーナーの松本さんは、その過酷な環境を変えるべく裁判に訴えた。

 8月14日、最初の裁判が大阪で開かれた。120人は入れる大法廷、コロナの関係で19人しか入れず、くじ運の悪いボクは傍聴にもれ、法廷の外で待たされた。

 セブンイレブン側の弁護士は「オーナーの松本氏は客に対して暴力をふるった。各マスコミも松本氏に踊らされ、まともな報道をしていない」とびっくりするような意見陳述を行い、真っ向から対決。

裁判の後、記者会見で松本さんは「命より大切な契約はありません」契約解除と違約金で脅かし、オーナー家族と従業員を犠牲にするやり方を改めさせたい、と語った。

セブンイレブン・松本裁判を支援する会

2年前、共に店を支えた妻を24時間営業の中で亡くした松本さんは、その反省から「このままでは加盟店の犠牲による悲劇が繰り返される。全国のオーナーの声なき声を自分が代弁しなければ」という一念で訴訟に踏みきりました。松本さんの勇断は、コンビニ業界の不公平な奴隷的契約を改善させる好機であり、最大のチャンスです。 わたし達支援する会は、松本さんを支援し、このサイトを通じて情報を発信します。